結婚線の変化 結婚線.net

結婚線の変化

よく手相占いというものがありますが、手相とは変化しやすいもののようです。

自分の状況や、努力によって良くも悪くも変化するようです。
特に結婚線などは、さまざまな形になるようです。

手相にはどのような線があるのでしょうか。
有名なものでは生命線というのがあります。

これは、親指と人差し指の間から、斜め下に円を書くように手首の方向へ伸びている線です。

おもに生命力の強さや、その人の寿命など命に関わる情報、人生の節目の時期を表したりもします。

そして、女性のほうがよく知っているのではないかと思いますが、結婚線。

これは、てのひらの端っこで、小指の付け根と感情線という線の間にある短い横線の事で、結婚の時期や結婚運、さまざまな運勢をみることができます。

おおまかには、感情線側に結婚線がある場合は早婚、小指側にある場合は晩婚といわれているようですが、その形によっても意味が違ってくるようです。

たとえどの場所にあっても、結婚線じたいに縦の線が何本も入り、格子のようになっている場合は、結婚はまだまだ先だという意味になり、パートナーが見つかれば、この縦の線は消えてなくなるでしょう。

手相は変化しやすいものですので、本人の状況ですぐに変化します。

結婚線がなければ、もちろん結婚もないのですが、あっても本数や場所により、離婚や再婚、浮気といったさまざまな障害を示すものもあるようです。

しかし、その手相を知っていれば、回避することも可能です。
その時にはまた手相も変化していることと思います。

 
結婚線.net TOPへ 結婚線 結婚線の変化